スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとひとやすみ



安全保障の話はちょっとお休みして、今回は日記ですw

四国に行ってきました。
しまなみ海道とかいうところを通り、サービスエリアで撮影した写真です。
大きな橋を写したんですが、ちょっとわかりにくいですね^^;

IMAGE_023.jpg

そのサービスエリアにこんなご飯がありましたw
たまて箱?って名前だったかな…。
名前ははっきり覚えてませんが、かなりデカかったですよw

IMAGE_024.jpg





スポンサーサイト

防衛出動は可能か?



自衛隊には色々な任務があるが、その中で一番重要なのが防衛出動。
発足から現在に至るまで、一度も防衛出動が発せられたことはない。

さて、防衛出動を簡単に説明すると、
我国に対する武力攻撃が発生した場合、またはその危機が迫っていると認められた時に
内閣総理大臣の命令により自衛隊を出動させることである。
もちろんそう簡単には出動できず、シビリアンコントロールの観点から、
防衛出動には国会の事前承認が必要となっている(ただし、緊急の場合は事後承認)

さて、ここでよく聞く問題だが、
内閣総理大臣は命令を発するために国会承認をとるわけだが、
武力攻撃されている状態、または切迫している状態でスムーズに承認が取れるのだろうか?
緊急に備えて、事後承認も認めてはいるものの、国家として一度行った行為を、
不承認だからと言って、撤回することができるのだろうか?
こんなことを言い出したらキリがないが、
ある程度の超法規的措置も認めざる得ない状態になるのではないだろうか。

素人考えではあるが、
武力攻撃が迫っている状態というのも曖昧ではないか。
例えば、日本に向けてミサイルが発射されれば攻撃されたことになるが、
ミサイルの照準が日本に向けられた場合は?
国家ぐるみでのテロ活動が行われた場合は、武力攻撃とみなすのか?
有事の認定においても、まだまだ曖昧ではなかろうか。

いろいろと述べたが、全てをこと細かく法律に明記する必要はないと思う。
ただし、肝心な部分は明文化し、スムーズな行動が取れるようにしておかなければ、
全てが超法規で済まされかねない。

また、命令時のアメリカ軍との連携はどうなっているのだろうか。
これは集団的自衛権の問題も関係してくるので、後に述べたい。



自衛隊ってなに?


自衛隊という組織はいったい何なんでしょうね?
規模や装備から見れば『軍隊』、政治的、法的に見れば・・・?
英語で自衛隊のことを「Self Defense Force」と書きます。
直訳だと自衛軍と言うのでしょうか。それなら軍隊ですか?
まぁこの手の問題を取り上げると、憲法第9条、法律や判例・・・
といった色々な問題が出てきますが、結局のところはっきりしていませんよね。

仮に軍隊ではなく、あいまいですが自衛の為の組織としましょう。
では、その組織は日本を守ることができるのでしょうか?
規模や装備は軍隊ですので、その点からいえば防衛は可能でしょうが、
実際に組織を動かすための法律や規定はどうでしょうか?
規模や装備ではなく、技術・能力は?

昔、聞いたことがあります
「実戦を行ったことのない軍隊は、軍隊ではない・・・」

今回は疑問ばかりで終わりましたが、
次回は防衛出動について書きます。

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

はじめまして



はじめまして。
普通のサラリーマンをやってますが、昔から安全保障に興味があったんで、
とりあえずブログをつくってみましたw
別に右でも左でもありませんから。純粋に疑問や意見を書いてるだけです。

「防衛相、航空幕僚長の更迭表明」

ヤフーニュースにでていました。
航空自衛隊のトップの人が「わが国が侵略国家だったなどというのはぬれぎぬだ」
と論文を書いていた事件(?)です。
・日本の植民地政策は他の国と比べ良い(内地化するとか)。
・日本がすすんで戦争を起こしたんではなく、他国にそそのかされて起こした。
みたいなことが書かれています。

これは難しい問題ですし、色々な意見がありますね。
誰が(なにが)原因で戦争を起こしたのか?
当時の日本の政策は植民地?内地化?

個人的意見としてはこの論文に書かれていることは、どちらかというと正しいかなと・・・。
しかし、他国の植民地政策より良いとはいえ、実際に現地の人達が内地化を望んでいたのかは
わかりませんし、どのような理由であれ、戦争を起こしたのは事実です。
事実は事実で認識しなければなりません。
「ぬれぎぬ」か、そうでないのかは横に置いておき、
なぜ起こったのか、戦争によって日本は、世界はどのように変わったのかを
考えるべきではないでしょうか。
「戦争は良くない」、「戦争は悪いことだ」で片づけることがないように・・・。

今回の更迭に関しては政府の見解と不一致という点からは仕方ないでしょうが、
個人の意見として発表されたものなので、更迭以外に方法はなかったのかな・・・と思いました。

リンク:論文「日本は侵略国家であったのか」 田母神俊雄
※アパグループ第一回「真の現代史観」懸賞論文集
  最優秀藤誠志賞

おすすめ
お買い物
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。