スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめまして



はじめまして。
普通のサラリーマンをやってますが、昔から安全保障に興味があったんで、
とりあえずブログをつくってみましたw
別に右でも左でもありませんから。純粋に疑問や意見を書いてるだけです。

「防衛相、航空幕僚長の更迭表明」

ヤフーニュースにでていました。
航空自衛隊のトップの人が「わが国が侵略国家だったなどというのはぬれぎぬだ」
と論文を書いていた事件(?)です。
・日本の植民地政策は他の国と比べ良い(内地化するとか)。
・日本がすすんで戦争を起こしたんではなく、他国にそそのかされて起こした。
みたいなことが書かれています。

これは難しい問題ですし、色々な意見がありますね。
誰が(なにが)原因で戦争を起こしたのか?
当時の日本の政策は植民地?内地化?

個人的意見としてはこの論文に書かれていることは、どちらかというと正しいかなと・・・。
しかし、他国の植民地政策より良いとはいえ、実際に現地の人達が内地化を望んでいたのかは
わかりませんし、どのような理由であれ、戦争を起こしたのは事実です。
事実は事実で認識しなければなりません。
「ぬれぎぬ」か、そうでないのかは横に置いておき、
なぜ起こったのか、戦争によって日本は、世界はどのように変わったのかを
考えるべきではないでしょうか。
「戦争は良くない」、「戦争は悪いことだ」で片づけることがないように・・・。

今回の更迭に関しては政府の見解と不一致という点からは仕方ないでしょうが、
個人の意見として発表されたものなので、更迭以外に方法はなかったのかな・・・と思いました。

リンク:論文「日本は侵略国家であったのか」 田母神俊雄
※アパグループ第一回「真の現代史観」懸賞論文集
  最優秀藤誠志賞

スポンサーサイト
おすすめ
お買い物
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。